漫録

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年01月11日

平成19年01月11日
内館牧子『女はなぜ土俵に上がれないのか 』讀了。第五章の土俵築の描写と第六章が面白く讀めた。あと、各種引用。引用文と本文の主從が逆轉してゐる處があつて、文字通り噴飯しさうになつた。他は變な記述が多くて辟易した。
第七章冒頭で、土俵の男女共同參畫論者の論理として「女は不淨と考へてゐるからだ」->「そんな理由は理不尽な理由だ」と言ふのを挙げ、「この問題を避けては通れない」としてゐる。内館の言ふ通りだとすると、土俵の中略論者は詰り「此方の理由」を勝手に決め附けて命題とし、それに對して「理不尽」と云つてゐる訣だ。何のことはない「いちゃもん」の類である。土俵の中略論者に何か言ふことがあるとすれば「いちやもん付けるな。」で十分だらう。
第二章と第四章を讀めば一往結論は讀める。他の章は付け足りだから讀まなきや讀まなくてもいゝ。──1冊。

別記

りそーすの情報
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。