漫録

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年12月13日

平成18年12月13日
吾人の御先祖樣が苦労して築き上げた、「漢字假名交じり文」と「漢字の訓讀」を見事にぶち壊してゐるリソースを見つけたので「晒し挙げ」。漢字と漢語の混同をやらかしてゐる。分ち書きしてゐる邊り、「表音主義者」連中と大して變らないし。
「漢字日本語化」の專門的な過程は大島正二『漢字伝来』に詳しい。一昨日讀終つた許り。補章は吾の知識不足だらう、肝心の部分が分らなかつた。それと、記憶に有る限り、字音假名遣に就いては觸れられてゐなかつた。
さうさう、『漢字伝来』の「おわりに」で同訓異字に就いて觸れられてゐるので、讀むといゝ。『地球市民』の中の人は特に。(少なくとも)記紀の時代から此方、日本人は漢語と和語の特性を理解し「書く言葉」として漢字を用ゐて來たのである。和語だからと云ふ「出自」のみによつて表記を決定することは訓讀を成し遂げた祖に對する冒瀆に等しいのではないだらうか。

別記

りそーすの情報
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。