漫録

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年11月15日

平成18年11月15日
んで、今週の月曜日に中澤嗣子『相撲部屋24時おかみさん奮闘記』を讀終つた。第二章と第三章で大相撲の俯瞰が出來る。この手の本では纏まつてゐるはうだと思ふ。第五章から、第六章の途中までは育論、特に第六章は躾論になつてゐて、興味深く讀めた。殘念なのは第六章の終りがぐだぐだになつてゐること。所謂「本音」と「立前」が、ごつちやになつてゐる感じ。或は理想と現實に折合ひがついてゐない、か。
相撲に特別興味が無くても子育てをしてゐる人は讀んでみるといゝかと思ふ。──114冊。

別記

りそーすの情報
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。