漫録

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年10月08日

平成18年10月08日
古典漢文を讀みたいと常々思つてゐる。けれども中々よい本がない。どれもこれも本文(書下し文)の後に現代語譯やら何やらがゴチャゴチャと附いてゐる。別に勉強の爲にやるのではないのだから讀物として讀める體裁──本文と譯文が別記してあるのが望ましい。例へると、角川文庫が出してゐる『古事記』のやうな感じ。知らない人には判り難いかな。

別記

りそーすの情報
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。