漫録

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年05月30日

平成18年05月30日
So-net blog:新しさが好き!-Creative Thinking-:マスコミの面の皮が厚すぎることについて
新聞は「然う言ふもの」だから、怒つても詮無い。いや、解りますけれどもね。
附記
誰が發明したのか「死の商人」と云ふ言葉がありますが、新聞こそ正に「死の商人」であつて、惡、不幸、危險がなければ成り立ちません。新聞人はそれらに不快や不滿を表明する形を取りながら、實は屍臭を嗅ぎつけると勇み立つ人種であります。何處かに腐臭を嗅ぎつけると、新聞社全體が生き生きしてくるのです。それは一向差支へない。たださういふ自分の姿だけは自覺してゐて貰ひたいものです。
田恆存『知る事と行ふ事と』

別記

りそーすの情報
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。