漫録

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年05月19日

平成18年05月19日
分裂勘違い君劇場 - 分裂勘違い君劇場が目指したものとその舞台裏
吾には fromdusktildawn 氏の試みが別段新しいものとは思はれない。スパイク師が既にやつてゐるからだ。或は意識的にやるといふことが新しい、と云ふかも知れない。でも、それは、パロディでありパロディは批判の一形態である。

 もう一つの教会には修道士のスパイク師がいる。あの教会の会衆はしばしば、彼の見解が目まぐるしく変わるように見えるので苦しんでいる。(中略)もちろんわれわれは、彼のそうした姿勢に一貫しているものを見て取っている。すなわち憎しみだ。スパイク師という男は自分の両親や両親の友人達にショックを与え、嘆かせ、困惑させ、あるいは辱めることを狙って説教しているようなもので、そうした人々が受けいれうるような説教は、彼らに理解できる韻文を彼が評価しないのと同様、彼にとって面白みをか欠いているのだ。

別記

りそーすの情報
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。