漫録

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年02月27日

平成19年02月27日
瑠璃子殿から御返事。
「(和語をなぜ漢字で書くのか。日本語として意味がない。)そういう観点から日本語というものを捉えると、ご指摘の件あまり有益とはいえないような。」(括弧内、註)
無駄口と捉へられたのは遺憾。あんまりだよ。
ええと、取敢ずのところ、「そういう観点」があるのなら「そういう観点」は偏つてゐる、と思ひます。用字は語の出自ではなく語の機能に由るべきだと考へるからであります。
尤も高島俊男『漢字と日本人』は未讀ですのでこれ以上は何とも言へません。買ふ時にチラッとは讀んだけれども、讀難い「言回し」と文章だなと思ひながら買つて、買つたきり段ボールにしまつてある、筈。手元にはありますので此の機に探して讀んでみます。
スポンサーサイト

2007年02月26日

平成19年02月26日
前回の更新から今日迄に、五冊讀んだ。内、三冊は客歳に買つたもの。同じく、六冊買つた。──18冊。

2007年02月12日

平成19年02月12日
『刀語』の一巻と二巻を讀了。──14冊。

2007年02月08日

平成19年02月08日
五日に三冊買つた。西尾維新『刀語 第二話』、吾妻ひでお『逃亡日記』、他。『逃亡日記』はさつき讀終つた。あと、三四日ほど前に1冊讀了してゐる。──16冊。

2007年02月05日

平成19年02月05日
一昨日、西尾維新『刀語』他5冊買ふ。──14冊。

2007年02月03日

平成19年02月03日
「日本語ぐらいちゃんと使おう。」
言葉は遣ふものです。使ふものではありません。

2007年02月01日

平成19年02月01日
無關心とか云ひながら、取沙汰されると食らひ付く──ぶろがーとはピラニアの類か。

別記

りそーすの情報
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。